不安なので交換します!・・・シグナスX用燃料ポンプ

 運動お休み、でも-200gで64.6kg うれしい!

 先週の土曜日、チョイノリのパーツを受け取りに行ったときです、帰ろうとエンジンをかけるもウンともスンともいいません。
何度やっても同じ事、セルは回るのですが爆発しないんです。
d0050693_1535836.jpg
 運がいいのか悪いのかかからなくなった場所はバイク屋さん・・・ちょっと見てもらうことにしました。

 セルOK! でも、爆発しない?

 かぶったのか? いや、でも、ほんの10分前までは普通に走ってた・・・

 とりあえずプラグチェック・・・火花は飛んでます。

 しかし、何か変?



 プラグはかぶっているどころか、逆に”白く”なってます。

 でも、焼けている感じはありません。

 「こりゃ、燃料がきていないんだな! 

 ということはガス欠?

 いや、まだあるはず・・・」

 と、ここでバイク屋の人がポツリ

 ”たぶん、燃料ポンプがだめなんだ・・・?”

 ここで、ピ~ンときました! シグナスXのリコール問題!

 そう、”燃料ポンプの不良で、長時間走行後ポンプが停止してしまう事がある” これです!

 うわさには聞いていましたが、まさか自分のバイクで起こるとは!

 国内モデルではリコール修理なのですが、TORIのシグナス台湾仕様・・・リコール対象外

 動かないものは仕方がないので、自宅まで搬送してもらうことにしました。

 さて、自宅に戻ってきたのでダメもとでエンジンをかけてみると、あ~ら不思議?かかるじゃないですか!

 ポンプが壊れたのになぜ? その答えはネットにありました。

 このポンプ熱くなると止まるようで、冷やす、冷えると動くことがあるそうです。

 その場の対策としては
 1)そのまま30分ぐらいほっぽっておいて冷えるのを待つ
 2)新たにガソリンをいれてタンク、ポンプを冷やす
などなど・・・
 
 オイオイ、そんなんで大丈夫かい? もちろん、一時しのぎです。

 その後、何とか動いていましたが、安心して乗っていられないのでポンプ交換をすることにしました。

 それが、画像のポンプです。

 ヤマハ純正はポンプユニットでの交換になるためパーツだけで¥16,000?もかかります。
ネットでは、ポンプユニットのポンプだけを交換すればよいことが書かれていましたので、
社外品ですが強化燃料ポンプに交換することに決めました。

 こちらは¥6,000! 取り付けにコツが必要なのですが、練習をかねてやってみることにします。

 週末交換できればいいかな・・・?

★リコー GRⅡ
[PR]
by torisanha | 2011-11-10 23:45 | バイク・車

ダイエットと野鳥撮影、もろもろです!


by torisanha
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る